「星月夜の詩」(敦盛編)

 

 澄んだ月夜の空の下 星が静かに瞬いている

 冷たい夜を照らす 美しく儚い光――

 気高い月に寄り添う星の雫のように 許されるなら私も……

 小さな光でもいい この手の平に乗せて ずっとあなたを照らし続けていたい

 願わくば……この想いが遠い空に届くように……


 Back  Next  Home

inserted by FC2 system